レーシックとは


レーシックとは、Laser in Situ Keratomileusisの略、LASIKです。
角膜屈折矯正手術の一種で、眼球の前面を覆う透明な膜である角膜に。希ガスやハロゲンなどの混合ガスを用いるエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術です。

マイクロケラトームとよばれるカンナのような機械を使用して、角膜の表面を薄く削りフラップと呼ばれるふた状のものを作り、角膜の表面をめくります。
そこにエキシマレーザーを照射する事によって、角膜の一部を蒸散させた後、フラップを元の位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2〜3分)待ちます。

イントラレーシックとは
イントラレーシックと、一般的なレーシックの違いは、フラップの作成方法にあります。
イントラレーシックは、アメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いることで、コンピュータ制御による精密なフラップの作成で、より安全で正確に作成することが可能なレーシックの一種です。

通常のレーシックにおいても、精巧なフラップを作成することは可能とされていますが、マイクロケラトームのカンナ部分の往復運動によって、フラップの断面に若干の凹凸が発生したり、フラップのつなぎ目の部分が斜めになる事で、稀にシワの原因となることがあります。

イントラレーシックにおいては、コンピュータで制御するためフラップの作成が、断面もつなぎ目の部分も非常に綺麗な仕上がりになるといわれています。
イントラレーシックは、従来のレーシックに比較すると、フラップを薄く正確に作成可能ですので、その分角膜実質層を削り取れる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能となります。

しかしながら、層間角膜炎(DLK)の発生や、フラップの作成や接着に時間がかかる、などの欠点が指摘されていますので、専門医とよく相談する事が必要です。

Sponsored Link

目がよくなるレーザー|神戸市 兵庫区 湊川 レーシック

中山眼科医院は白内障はもちろん緑内障、
眼瞼疾患、涙器も含め年間300例以上の
手術が毎日のように実施されています。

http://www.nakayama-ex-laser.or.jp/hyoushi.htm

特にレーザー手術については、昨年度は眼球しん蘯症を
伴う難治手術や遠視性乱視にも成功を修めております。
院長に今年4月より伊知郎博士が就任し、1200例の実績をもとに、
信頼・安全・安心
のレーザー手術が行われております。
特記すべきはレーザー手術が高度先進医療に認定され、
我々一同誇りをもって手術にとりくんでおります。

エキシマレ−ザ−近視矯正手術
医療法人社団 中山眼科医院
理事長 中山 清  
院長 中山 伊知郎
http://www.nakayama-ex-laser.or.jp/hyoushi.htm

住所:
兵庫県神戸市兵庫区東山町1-7-13

電話番号:
TEL:078−521−9102
FAX:078−521−5551

アクセス:
湊川駅から徒歩約10分

受付時間:
月曜日〜金曜日
午前9:00〜12:00
午後3:30〜6:30
土曜日
午前9:00〜午後1:00

手術は月曜〜土曜日随時。
白内障等手術もしています。
土曜日に手術された方は日曜日にも診察いたします。
レーシックを土曜日にされた方は、月曜日から仕事にいけます。
術後24時間対応しております。

手術費用は健康保険は適応されません。
尚、医療費控除の対象となったり、民間の生命保険に入っている人は、生命保険会社から保険金が支払われる場合があります。(生命保険会社に相談して下さい。)
体験談・口コミ・評判はこちら
posted by イントラレーシック 目が良くなるレーザー 名古屋 大阪 | 体験談・口コミ・評判(0) | 兵庫県 神戸市 イントラレーシック&レーシック
この記事への体験談・口コミ・評判
体験談・口コミ・評判を書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

体験談・口コミ・評判:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。